メンテナンス

  • HOME
  • メンテナンス

定期メンテナンスを
始めましょう!

定期メンテナンスを始めましょう!

歯を失うとき、1本失ったら、実はほかの歯も失うリスクが迫っています。というのも、歯がちょっと揺れてきたら、その歯やほかの歯を支える歯槽骨はすでに溶け始めていて、そのうち次々と歯を失っていくことになるからです。
もちろん、これはお口の中の変化に気づかず、治療もせず、放置した場合ですが、実際このようなケースが多いのが現状です。この状態を防ぐには、やはり事後処置(痛くなったり、悪化してから通院する)ではなくて、事前に定期的なメンテナンス=検診を受けて、状況に応じて治療するとともに、しっかりとケアしていくことが大切です。

日本人とお口の健康

子ども時代から40代くらいまでは、むし歯治療のために通院することがほとんどです。歯医者さんは歯が痛くなったら行くところ、という概念が基本にあるため、むし歯治療を繰り返すケースが多いのです。

その状況に変化が起こるのは、40代になってから。年齢を重ねるとむし歯よりも歯周病の罹患率が上がり、気づかぬうちに歯がグラグラしていることに。そして、早い人では50代に入ると、どんどん歯を失っていくスピードが加速していきます。

厚生労働省によれば、日本人の平均寿命は男性が約78歳、女性が約85歳。ということは、50代以降、何十年も入れ歯などの器具にお世話になって生活していかなくてはならないのです。それは、お口の健康のためにも心身の健康のためにもいいとはいえません。

世界的に見ると、欧米では70歳で残存歯は約20本。日本人はなんとその半分の10本です。これは、欧米では、「痛くならないように、定期的に歯医者で診てもらう」という予防の考え方が浸透しているからです。

高齢化社会が進んでいるなか、お口の健康を守り、1本でも多くの自分の歯を残して、長生きする。これが理想的な状況といえるのではないでしょうか。そのためには、なによりも定期的なメンテナンスファーストで、日頃のケアと合わせて健やかなお口で過ごしましょう。
先進国の70歳の残存歯数

プロによる定期的な
健診や
クリーニング
「PMTC」

お口のお手入れは、毎日、自分で行うのはもちろん基本ですが、やはりプロにやってもらうのが早道です。そこで、プロが行うクリーニング「PMTC」をおすすめします。PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、歯科医師や歯科衛生士といった専門家が、専用の器具を用いて、歯を徹底的に掃除することです。

どんなにきちんと磨いているつもりでも、歯周ポケットや歯ブラシの届きにくいところ、磨き残しがあるなど、自分の手でクリーニングを行うのは限界があります。そこで、PMTCにより、自分では落としきれなかった汚れを完全に掃除することで、むし歯や歯周病予防に役立てます。人の手で行うことで届く場所なども増えますし、第三者の目でチェックすることで状況が客観的に把握できます。これを定期的に続けて、経過観察することが重要です。
歯と歯の間に溜まった、 歯垢を除去します。
・歯と歯の間に溜まった歯垢や歯石を除去します。
ブラシで歯の表面の着色などを クリーニングします。
・ブラシで歯の表面の着色汚れなどをクリーニングします。
ラバー素材のカップでバイオフィルムを 除去し、表面を研磨します。
・ラバー素材のカップ(専用器機)でバイオフィルムを除去し、表面を研磨します。

PMTCの効果

歯や歯肉が健康になる!

歯の質を強化するだけでなく、歯のつけ根にひそんでいる細菌が減り、歯肉が引き締まることで健康に。

むし歯・歯周病を予防できる!

むし歯や歯周病の細菌の巣窟になるプラークを掃除することで、お口の病気のリスクを減らし、予防対策になります。

歯が本来の白さになる!

歯の表面についた茶シブやタバコのヤニなどの汚れを除去。それにより、歯本来の白さを取り戻すことができます。

ホームページを見たとお伝えください 予約制 0138-33-1221

受付時間 日/祝
9:30~13:00
14:30~18:30

適切

pagetop